インフルエンザの雛形ワクチンは発育鶏卵ワクチン

インフルエンザはここ最近新しいインフルエンザが出てくるなど猛威をふるっています。
これまで、インフルエンザといえば雛形的に季節的なものでしたが、季節性のないインフルエンザが流行しており年中の対策が必要になっています。
対策の1つとして予防接種があります。
毎年医師は流行りそうなインフルエンザウィルスを予測して混合した予防接種を患者に投与します。
予防接種を受けていれば、かかりにくくなり万一かかってしまったとしても予防接種していなくても軽度で済むことが多いようです。
また、インフルエンザウィルスはまだまだ人間に感染していないものや確認できていないものもあるということで、これから新型インフルエンザウィルスがいつまた新たに出てくるかわかりません。
そのたびによくマスコミなどでいわれるのが、ワクチンの製造です。
ウィルスが発見されていないので、雛形となるウィルスサンプルもないため新たにワクチンを製造することができない上にすぐにそれに対抗するワクチンを作ることは難しいのです。
また、雛形となるウィルスサンプルを採取した後のワクチンの製造方法には細胞培養法によるワクチンと発育鶏卵ワクチンなどがあります。
細胞培養法のメリットとしては、安価で安定した供給ができます。
その一方で、デメリットとしてコンタミネーションといって製造する過程で他の雑菌が混入してしまう可能性があるなどのデメリットがあります。
一方で発育鶏卵ワクチンはそういったコンタミネーションが起こりにくく一度に多くのワクチンが製造しやすいといってメリットがあります。
ですが、卵自体の安定供給が難しいというデメリットがあるのです。
ですが、発育鶏卵ワクチンに比べ細胞培養法は、癌細胞化しているものを使うため、アメリカでは認められているものの日本ではこれを嫌い医薬品としてみとめられていないのが現状です。