インフルエンザのA型うつるので早めの予防接種を

冬はインフルエンザなど流行感冒症の大流行が見られ、多くの人を悩ませることになります。
インフルエンザには様々な型があり、その年によって大流行する予想がたてられます。
香港型、A型などが有名ですが特にA型うつるとして有名であり、万全の対策で予防することが大事です。
A型うつる対策としてマスクの着用をする人が多い傾向にあります。
しかしマスクでは完全に空気感染を防ぎきることは不可能であり、A型うつる可能性を軽減させることはできません。
インフルエンザ感染の対策として最も有効なのは予防接種を受けることだと言われています。
予防接種にはWHOが予想をたてた流行する型の抗体が含まれており、予防接種を受けることで飛躍的に感染リスクを抑えることができます。
しかし予防接種は流行期の11月から2月にかけて接種してもあまり意味がないとされています。
流行する前の9月頃に摂取するのが理想的だとされています。
予防接種が体全体に行き渡り効果を発揮するまでに二週間から2ヶ月程度の日数を要するとされています。
そのため9月に接種すれば流行期の11月に万全に備えることが可能になります。
しかし予防接種したからと言って百パーセント予防できるものではありません。
体の免疫力が低下していたり、栄養状態が悪かったり、ストレス過多であるとどうしても抵抗力がなくなり感染リスクが高まります。
しかし予防接種していると万が一インフルエンザに感染しても症状が軽くて済むといわれています。
重篤化し、肺炎の併発や脳症などのリスクを回避するために予防接種をしておくのも大変賢明であると言えるでしょう。
そして出来るだけ冬場は規則正しい生活を心がけ免疫力をアップさせるように努めなけれいけません。