医療機関でのインフルエンザ予防接種について

医療機関で予防のために接種されるインフルエンザワクチンは、鶏卵を利用してつくられています。ですから、接種項目に卵や鳥肉のアレルギーがある方はアレルギー反応が出る可能性があるため予防接種できないようになっています。また、生ワクチンではありませんが体に異物をいれるため予防接種後に発熱をしたり、体調が悪くなるなど副作用も報告されています。
インフルエンザワクチンは毎年の流行型を予測してインフルエンザ流行が始まるかなり早い段階から製造が始まります。大きく分けるとインフルエンザウイルスはA型、B型、C型があり、医療機関で行われているは予防接種は混合ワクチンといわれ幅広く効くような対応をとってはいます。しかしインフルエンザウイルスも毎年様々に変異するため、ワクチンの当たり年と外れ年が存在します。
ワクチン接種は、体内に接種されたあと免疫機能により抗体をつくります。その抗体は今後同じようなものが入っていた場合にいち早く攻撃し体内で繁殖しないように抑え込みます。そのため重度化することを抑える効果があります。ですから、効果には個人差も存在しますし免疫機能に障害がある場合や重い病気を患っている方は、接種自体できません。
インフルエンザを予防するには、どの病気も同じだと思いますが規則正しい食生活、睡眠、適度な運動を行うことで体内の免疫力を高めることです。また、流行している場所は極力避けるべきです。適度な加湿を行うことも効果的です。
それでも、もし感染した場合には一刻も早く医療機関での受診をお勧めします。現在では良い薬も開発され、発症後早い段階で治療を受けると薬の効果によりインフルエンザウイルスによる重度化をかなり高い確率で防ぐことが可能になっています。