妊婦がインフルに感染した場合にとるべき処置

風邪やおたふく、リンゴ病など妊婦さんが気をつけたいウイルスには様々なものがありますね。ウイルスに感染することで、お腹の中の赤ちゃんにも影響がでてしまうものもあるので、予防接種を受けることができるものは、積極的に利用した方が良いですよ。ちなみに妊婦さんが予防接種で体内に取り込んだワクチンは、胎盤を通して赤ちゃんにも送られ、赤ちゃんをウイルスから守ることができます。

予防接種が利用できるものには「インフルエンザ」などがあります。しかし「忙しくて予防接種を受けられなかった…」、「予防接種を受けたけど体調が悪くてインフルエンザにかかってしまった」という妊婦さんも中にはおられるでしょう。もしも妊婦さんがインフルエンザにかかってしまった場合、どのような措置をとれば良いのでしょうか。

まずは早めに、行きつけの産婦人科ではなく一般の内科や耳鼻科などの病院に連絡し、受診することが大切です。そしてインフルエンザに効果のあるタミフルを処方してもらうことになります。タミフルは、とくにインフルエンザの症状が発生してから48時間以内という早い段階に服用することで、症状の重篤化を防ぐことができます。処方の際には、一応医師に「妊婦である」ということを伝えましょう。

「タミフルはお腹の赤ちゃんに影響はないの?」と不安になる方もおられるでしょう。しかし、日本産科婦人科学会の調査によると、タミフルはお腹の赤ちゃんには奇形になるなどの有害な副作用はない、という発表がされています。インフルエンザによって高熱が出てしまうことの方が、どちらかというと赤ちゃんも辛い状態になります。感染してしまったら、早めに病院を受診してタミフルを服用しましょう。