岩沼市のインフルエンザ予防接種は間隔をあけ二回接種

日本の人口は減少の一途を辿っています。
それは岩沼市でも例外ではありません。
岩沼市の人口減少も深刻であり、それに伴い超高齢化も促進しています。
岩沼市の一部では過疎化しているエリアもあり、介護や高齢者の生活に大きな問題を抱える事態になっています。
特に高齢で病気になったときに、それを介護しケアする若い労働力がないことが最大の問題です。
そのため高齢者ひとりひとりが病気をせず、健康でいることに最大限努めなければいけません。
そこで岩沼市では冬のインフルエンザ流行前に、高齢者の予防接種の啓蒙を積極的に行っています。
高齢者が非常に安い費用でインフルエンザの予防接種を受けられるように補助金を自治体が捻出したり、一定の間隔をあけて二回予防接種を受けられるように制度を設けています。
インフルエンザは高齢者が感染すると抵抗力や免疫力が弱いために重篤化しやすい傾向にあります。
肺炎や脳炎を併発し命を落とす高齢者も少なくありません。
そのため高齢者は予防接種を一週間、もしくは二週間の間隔をあけて接種することで、高い確率で感染リスクや重篤化を回避することができるようになります。
一週間や二週間の間隔をあけ、前回とは違う腕に予防接種すればより予防効果は高まると言われています。
また高齢者の場合、予防接種の回数以外にも予防接種を受ける時期も非常に重要です。
インフルエンザの流行のピークは11月から2月と言われています。
予防接種してもその予防効果が発揮されるのは一ヶ月前後といわれているので、できれば流行のピーク前の9月や10月に接種するのが賢明であると言えます。
しかし一定間隔をあけて二回予防接種したからといって100パーセント感染を予防できるわけではありません。
そのため日頃からマスクの着用や手洗いうがいを徹底させることも大事です。